本の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
▶フィナーレを迎えるキミヘ
<大切なペットの命があと僅かだとわかったら、その時あなたはどうしますか?>末期ガンを宣告された猫ちゃんの看取りをめぐる、喪失と再生の実話。猫エイズと猫白血病に感染した黒猫『あい』と出逢いありのままの自分を愛するようになった「私」。しかし、出逢いから5年、あいは全身の末期がんに侵され・・。自然に身を委ねた二人に降り注ぐ、日々のちいさな奇跡。やがて訪れるこの上なくやさしいフィナーレと「ペットロス」の一言では語れない喪失感。1日ごとのあいの様子や心の揺れを日記形式の文章でありのままに綴る。身近な存在を亡くしたときの心のケアについてもふれた、愛する命の「生き終わり」について悩み迷う人に贈る一冊です。



▶ドッグオーナーズハンドブック 愛犬と幸せに暮らす本
特定非営利活動法人「動物愛護社会化推進協会」が実施する「犬の飼い主検定」公式テキストです。子犬を迎える準備から、飼育の方法、知っておきたい法律、基本のしつけ、メディカルケアなど、犬との暮らしに役立つさまざまな情報を収めています。新しく子犬を迎える予定の飼い主さん、また、愛犬とのもっと楽しい生活を送りたい飼い主さんにおすすめする1冊です。


▶現代社会と家庭動物
家庭動物を飼う人々のうちでより先端的な知識を得ようとする人々、動物病院の看護師や、ペット関係のビジネスにかかわる人々、動物愛護団体に参加して積極的な社会的役割を果たしている人々、関連領域の行政担当者、またそれらの人々を教育、指導する人々や、この分野に関係した大学、専門学校に所属する学生たちなど、家庭動物の飼育により良く関わろうとするすべての人々にぜひ読んでいただきたい1冊です。特定非営利法人 動物愛護社会化推進協会(正田陽一理事長)が実施する「動物愛護社会検定試験」専門級の公式テキストとして認定され、学習しておかなければならない多くの知識、事項を網羅しています。この本に記載される分野は、家庭動物(ペット)にかかわる、歴史、文化、社会から、法律、また獣医学の基礎、応用から、動物心理学、行動学の広範な領域に及び、これらの領域における最先端の知識を、専門家でない人々にも、理解していただけるように、わかりやすく解説し、広範な分野を深く、体系的に記しています。


▶犬の飼い主検定 合格問題集
公式テキスト『ドッグオーナーズハンドブック』をもとに作った例題100問を解説付きで掲載。模擬試験として試験時間90分で解いていただくもよし、ジャンルをしぼって1問1答でチェックしていただくもよし、合格を目指してどうぞご活用ください!


本の紹介「ボブという名のストリートキャット」 イギリスのロンドンであった猫とホームレスの感動的な話が本になって発売されていたことを知りました。 本の表紙を見ていると、かわいい茶トラ猫のボブがたくさん掲載されているように思えてしまうのですが、どうなのでしょうか。